• TOP
  • 産学連携

INDUSTRY-ACADEMIA COLLABORATION

和紙原料ミツマタの有用性探索を国内の大学研究機関とパートナーシップを組んで行なっています。

研究分野 色素細胞学、皮膚科学、生化学
研究テーマ a 機能性化粧品のメカニズム解析研究
b 培養ヒト色素細胞を用いたメラニン生成抑制剤の探索評価
c 紫外線の皮膚細胞に及ぼす傷害作用の評価研究
特許取得 産学連携共同研究により、和紙原料ミツマタに“しみ”の原因となるメラニン色素の生成抑制作用があることを見出し、特許を取得しました。

「特許」(特許第6765097号)
発明の名称:メラニン生成抑制剤

メラニン生成抑制作用を有するミツマタ樹皮の白皮抽出物と、それを含有する化粧料組成物。

*「ミツマタエキスは、しみの原因となるメラニン色素の生成を顕著に抑制する作用をもつことが、
培養ヒト色素細胞を用いた基礎研究から明らかとなった」 (安藤秀哉)

「シミのもと」といわれるメラニン。肌を気にする女性にとって、メラニンは嫌なイメージばかりかもしれません。
しかし実は、メラニンには身体を健康に保つ大切な役割があるのです。
メラニンの最も重要な役割は、紫外線から細胞を守ることです。メラニンは紫外線を吸収し、肌への影響を抑えることで肌を守っているのです。
紫外線などの刺激を多く受けてメラニンが過剰に作られてしまうことが「シミ」の原因です。メラニンの過剰な生成が抑制されると、肌のターンオーバー(新陳代謝)で普段の肌に戻っていきます。
かといってこの時にメラニンの生成抑制を極端に抑えてしまうと、紫外線による肌へのダメージを防げなくなり、たるみ、深いシワ、皮膚癌等の悪影響に繋がってしまいます。
このように実はメラニンは肌にとって欠かせないものなのです。
ミツマタエキスはメラニン生成を肌に良いバランスで抑制し、肌へダメージを与えることなく、最適な状態へ優しく導きます。

  • 紫外線を吸収できず、
    肌へのダメージが防げません。

  • 結の香

    メラニンをバランスよく抑制し、
    肌を最適な状態に導きます。

  • メラニンが過剰に生成され、
    シミに繋がってしまう可能性が…。